普段から乾燥肌対策を心掛けて生活

肌の悩みは色々とありますが、一番困っているのが乾燥肌だということです。

特に乾燥するのは口元で、酷い時は鼻の下や口角付近の皮が実際に剥けてしまうほどです。

皮が剥けるほどの乾燥肌になってしまったときはスキンケア商品ではどうしようもないため、皮膚科でもらったベタベタする塗り薬を皮が剥けている部分に塗って、とりあえず対処する感じです。

また、全体的に肌が乾燥しているときは化粧ノリが悪く、ファンデーションもうまく濡れないのがつらいです。

肌が乾燥していると5歳以上は老けて見えるような気がしますし、肌の美醜は潤っているか乾燥しているかが決め手じゃないかなと思っています。

そのため、普段からなるべく肌が乾燥しないような生活を心掛けているのですが、例えばスキンケアは保湿重視にして量も多めにたっぷり使うようにしていることや、室内に湿度計を置いて50%を切らないように加湿器や洗濯物の室内干しなどで湿度を調整しています。

あとはつい忘れてしまいがちなのですが、なるべく水分はマメに摂るようにしていますし、入浴剤も保湿に効果があるものを使っています。

食材でも極力、肌の新陳代謝を高めるものや肌を強くする効果があるものを意識して摂るようにしていますが、最近テレビでよく取り上げられている毛細血管の血流をよくすることも心掛けるようになりました。

もともと運動が苦手なのですが、表情筋を動かしたり指で耳を刺激したり、座ったままで足首を動かすくらいの運動でも血流がアップし美肌効果があるとのことなので、これらは必ず毎日続けようと思っています。

とにかく乾燥は見た目年齢にも大きく影響を与えますし、何より自分の気分の落ち込みが半端ない状態になるので、普段の生活で出来る乾燥肌対策は今後も万全にしたいと思います。

保湿クリームを使用、環境も考えています

肌が弱いので乾燥する冬は肌がカサカサになります。

お手入れは入浴後にすぐ保湿クリームを塗ります。

寝ている間もかゆくなることが多いので枕元にクリームを置いてかゆくなったら塗ります。

部屋がとても乾燥しているので年中湿度計を付けて湿度をチェックして乾燥したら加湿器をつけたり、洗濯物を干したりしています。

あまり加湿しすぎると今度はカビがはえてきてしまうので適度に加湿することを気を付けています。

保湿クリームは私の場合は皮膚科などのものではなく、市販のアロエクリームなどでも十分でした。

ぬりすぎないように薄く塗ることを気を付けています。

顔は口の周りが白くカサカサになってしまうので冬はできる限り外出時はマスクをしています。

マスクをすることで乾燥を防ぎ保湿もできるのでかさかさすることが少なくなりました。

肌の調子を整えるためにハト麦茶を年中飲むようにしています。

冬はあまり水分を取らないのですがなるべく意識して温かいお茶を飲むようにしています。

エアコンは夏も冬もなるべく使わないようにして冬はこたつやガスファンヒーターを使うようになりました。

こちらはだいぶ効果的だと思います。

以前より乾燥肌が改善したと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする